枕が不眠の原因

枕が不眠の原因

MENU

枕が不眠の原因

枕が不眠の原因かもしれないです。

あなたは夜きちんと眠れていますか?

・夜中に何度も目が覚める
・なかなか布団に入っても寝付けない
・朝起きると肩や首が痛い
・日中いつもだるさや眠気に襲われる

もしも、このような症状でお困りならば、それは不眠症の始まりかもしれません。

不眠症の原因は様々な理由がありますが、なかでも大きな原因と考えられているのが、「」です。

枕は、寝ている間、頭や肩を支えている重要な役目を果たしています。

不眠症から発生する病気や症状は数多くあり、

・うつ病
・自律神経失調症
・睡眠時無呼吸症候群

これらは、枕を変えることで改善されるケースも数多くあるのです。

毎日同じ枕を使っていると、快適に眠れない枕であっても、その状態に怖いことですが、慣れてしまいます。

慣れてしまうと、慢性的な肩こりや夜中に何度も目が覚めるという症状も、日常的な状態になるので、自分でも熟睡できないせいで体調を崩していることに気がつけないケースも多いのです。

では、快適な眠りを導く、快適な枕の条件をご紹介します。

・高さがある枕は肩こりなどを誘発するので、なるべく低め(低すぎてもNG)の枕を選ぶこと

・低反発素材は、温度により硬さが変化しないものを選ぶこと
(暑いと柔らかく寒いと硬いというのはNG)

・熱が逃げやすい快適な温度を保てる通気性の高い素材を採用していること

この3点はとても重要になるので、枕を選ぶ際は是非参考にされてくださいね。

★具体的にどんな枕が、不眠解消に良いのかというと・・
熟睡できて目覚めもよく肩こりも改善と口コミでも人気なのが、六角脳枕(ろっかくのうまくら)です。

熟睡できる枕の六角脳枕(ろっかくのうまくら)

熟睡できて目覚めもよく肩こりも改善!の六角脳枕(ろっかくのうまくら)
眠れないと悩んだら試してみてください。
全額返金保証つきなのも安心です。
六角脳枕